快適な生活

段差解消機は高齢者はもちろん、事故で体が不自由になった人にも活用できるバリアフリーのシステムです。自宅の大きな段差から小さな段差までスムーズに移動できるため、車いすでの生活が会的になります。

Read more »

金額や価格の傾向

車椅子用電動昇降機には様々な種類が存在しており、1人でも利用できる物から、補助用としての利用ができるものまで様々です。 どのように使用するかというような事柄について詳しく知った上で購入の検討を行う必要があるでしょう。

Read more »

段差を乗り越える

車椅子用電動昇降機は、「あがりさがり」、の祭の車イスを助けます。車イスの面積は、畳の半分程度弱を想定します。その空間さえあれば、車イスのまま、家と外がつながる分けなのです。

Read more »



作業がスムーズ

介護ソフトの導入方法は、大きく分類するとパッケージソフトを購入する方法とASPソフトを利用する方法の2種類に分類され、それぞれ特徴があります。 まず、パッケージソフトはインターネットに接続しなくてもパソコンさえあれば、インストールすることで、パソコンに導入することができます。ただし、データの管理やアップデートは自分で行なう必要があるため、パソコンの扱いに慣れていない方は注意が必要です。 一方、ASPソフトはインターネット上で介護ソフトを使用するため、パソコンがインターネットに接続されている必要がありますが、データの管理をソフト提供会社が行なってくれるため、自分で行なう必要はありません。ただし、大勢の方が同じソフトを利用するため、情報流出などを警戒する必要があります。 以上のように、どちらの介護ソフトにもメリットとデメリットがありますので、それぞれの特徴を理解した上で導入するようにしましょう。

介護ソフトを導入する際の費用は、月額、年額、一括など様々な形式があり、提供している業者や、介護ソフトの種類によって価格も様々です。 パッケージソフトであれば、導入時に価格を一括で支払うことが多いため、月ごとの利用額は発生しませんが、その分、初期導入価格が高額になる傾向があります。そのため、導入後に自分には合わないソフトだと感じても、ソフトを変えるのはもったいないと思い、そのまま使い続ける方がいます。 そこで利用していただきたいのが、介護ソフトの無料体験版です。これは介護ソフトを1ヶ月から3ヶ月間、無料で利用できるというもので、これを利用することにより、購入後に使いにくいというトラブルを避けることができます。 無料体験版は、インターネット上や、介護ソフト業者にメールで問い合わせることにより入手できますので、興味のある介護ソフトがあれば利用してみましょう。